重要なお知らせ「ブログ移転について」

 

下記のURLに移転いたしました。

https://www.wasegaku.ac.jp/mitoblog

 

平成30年度以前の記事はこのURLで引き続き閲覧できます。

よろしくお願いいたします。

修了式

3月14日に修了式を実施しました。
式の中で先生達が話したこと、みんなに届いたかなあ。
時代や社会の変化に応じて、求められる力とは何だったっけ?
進学や就職も、以前の考え方のままでは対応できなくなってきているんだよね。

そのために・・・
学校生活を通して得られるものを大切にしていこう。
今は その意味がはっきり分からなかったとしても、
みんなが将来「何かをしたい」と思った時に、必ず活きてくるはず!
というお話でした。

新学年になるみんなへの、エールとなるといいなと思います。
4月から新しい学年、新しい仲間で、また心機一転スタートをきりましょう。

この時期に大掃除?

 学年の終わりにあたって、1・2年次合同で大掃除?を行いました。
2年次には、自分たちに大きく関わってくるであろう「進路スペース」を。
1年次には、「図書スペース」の掃除をお願い。
  
 テキパキ動く女子!重い荷物を何度も運ぶ男子!
ぼーっとしている人がいなくて、みんないい働きっぷりでした^^
書籍の整理や、不用品の処分など思ったより重労働でしたが、
みんなの協力体制のおかげで、少しずつスッキリしてきました。
新学期に向けて、これからも校内美化に努めていきたいと思います。ありがとう!

本当に大事なこと

いつも本校の説明をするときに、感じることがあります。

それは、通信制高校でありながら、通信制とは真逆なことを入学相談者に求めていること。

本来通信制は、自宅で学習し、スクーリング等の最小限の登校日数で高卒資格を得るシステムだが…

本校では、生徒たちに、毎日通学すること、毎日授業を受けること、毎日学校生活を送れることを望んでいます。



15歳から18歳の極めて様々なことに吸収力が高い年齢層では、しっかりと卒業後に進学する上級学校での現実上の生活を見据えて、高校生活を送ってほしいのです。



「本当に大事なこと」



この部分を共感できる方は、ぜひご相談ください。
HPからの相談申し込みはここをクリック


電話 029-233-7023

LINEによる相談も受けています。



ALTの英語授業(2年次)

今回はそれぞれの学年で、ALTのJ先生による英語の授業がありました。
「期末試験から解放されたんだし、勉強のことは考えない! みんなでゲームしよう!」
ということで、すごろくを行いました。
もちろんただのすごろくではなく、今回は比較表現を交えたすごろく。
当たったマスに応じて、指定された2つの単語を比べあいました。

例えば、「1円玉と本」だったら、「A one yen coin is smaller than a book.」というような感じ。

ところがどっこい、何と鬼畜なすごろくなのでしょう…。
ゴールにたどり着くと思いきや、運が悪ければスタート地点まで戻されるなんて…。

嬉々とした表情が、一気に絶望へと変わりました(主にJ先生)。
最終的には、「そういえば俺、J先生とのゲームに一度も負けたことがないかも…」と呟く生徒。
す、すごい強運。
J先生との授業は、これが年度内最後。
次回は進級してからになります。
新しい学年になってからは、どんな授業になるのかな? ドキドキですね。

Jonasan190308


「福祉体験」

今回は「福祉体験」の授業を行いました。
障害者や高齢者の方々の気持ちを考えてもらおうと、
実際に目隠しをしての行動やそのフォローの大切さ、
高齢者の方々の大変さ等、実体験として学びました。
生徒は楽しそうに体験をしていましたが、
今まで簡単にできていたこと1つ1つの大変さや不安などが感じられたんじゃないかな?
この体験を通して、今後の考え方や行動に活かしていってほしいと思っています。


Photo


Photo_2


平成最後の卒業証書授与式

3月3日(日)卒業証書授与式。
高校生活最後の行事、卒業式を千葉県多古町のコミュニティプラザにて実施しました。
卒業証書授与では、生徒一人ひとり校長先生から卒業証書を受け取り、
高校を卒業することを実感したのではないでしょうか。

水戸に戻ってから最後のホームルームでは、みんなとの思い出を振り返ることができました。
入学時期は一人ひとり違いましたが、わせがくで過ごした日々の積み重ねが、
今日の卒業式につながっていると思います。
自信を持って、自分の目指す方向へ進んでいきましょう。

最後に、卒業式を無事迎えることができたのは、生徒のがんばりはもちろんですが、
一番身近で見守り支えてくれた保護者の方々のご協力があってのことと思います。
本当にありがとうございました。
それぞれの活躍を期待しつつ、また会える日を楽しみにしています。

Photo


作品の展示

作品の展示
Kさんの油絵やSさんのイラストなど、生徒が作成した作品をメディア室に展示しました。
ぜひ来校の際、ご見学ください。

夢育進路発見ツアー2018

今年度も夢育進路発見体験ツアーを行いました。
今回は常磐大学と八文字学園の各専門学校にお邪魔し、貴重な体験をさせていただきました。

午前中 常磐大学へ
 まずは大学のきれいな教室へ案内いただき、各学部学科や受験の説明を受けました。みんな緊張している雰囲気でしたが、少しずつ大学生のイメージになれたかな?
 その後、校内の見学をさせていただきましたが、図書館やメディアセンター、学食など大きく清潔な施設、そして休
みの期間でありながら、たくさんの学生さんがパソコンを使って勉強や学食で談笑したりしていました。自ら考え、行動できる大学生のような意識を持てるようになれるでしょうか?


Photo


Photo_2


午後 八文字学園へ
 全体の説明の後各体験の会場へ

看護:実際の看護の学生の授業を見学させていただきました。白衣を着用しながら熱心に聞き入る学生の姿、自主学習の学生も真剣に勉強をしていて、学生とも話をさせていただきました。命を預かる仕事につく意識を感じられたかな?

自動車整備:自動車整備ではエンジンの分解をしながらそのしくみを教えていただきました。「壊しても学生が直してくれるから大丈夫」という先生の言葉はさすが・・・。生徒も最初はぎこちなかった分解も最後には手際よくできるようになり、楽しさがわかってきた様子でした。

公務員:「公務員」と一口に言っても、実に様々。お仕事の種類も実にたくさんあります。映画のストーリーを交えながら、公務員とは何かを学びました。公務員試験って大変だね…。

医療事務:カルテって見たことあるかな? 実際見てみると、不思議なアルファベットでいっぱい。電卓を使って金額の計算をしてみたり、予想をしながら、カルテを読み取っていきました。

ブライダル:なんでバージンロードって少しずつ歩くの? なんで指輪は薬指なの? すべての行動には、実は理由がありました。知って納得です。
併せて、ナフキンの折り方も実践。薔薇、ミッキー、ミニーなど、ナフキン1枚でたくさんの笑顔が見れるって、素敵
ですね。


Photo_3


Photo_4


Photo_5


«進路相談会